一般歯科

治療費の1〜3割を自己負担するだけで保険で治療可能なものは、虫歯、歯茎の病気、知覚過敏、口腔内の異常などです。
知覚過敏は、冷たいものを口に含むと歯に痛みが走ったり、ブラッシングの時に歯茎の近い部分で歯に痛みを感じる症状のことです。
歯茎の病気には、歯周病や歯肉炎、歯槽膿漏など色々なケースが保険治療の対象になります。

虫歯の治療について

当院では急患の場合、予約なしで診療できます。他の歯科医院で治療中の患者さんも当院で治療を引き継ぐことが可能です。また、反対に他の歯科医院への紹介状も書くことができます。虫歯の治療は、進行の度合いや症状により、異なってきます。


CO、C1の虫歯

軽い初期の虫歯です。COの時点では痛みなどはありません。C1に虫歯が進行するとエナメル質に小さな穴が開きます。まだ痛みを感じることはありません。エナメル質の穴も小さい穴で肉眼で見るけるのは難しいです。

治療方法

まだ初期の虫歯なので、検診でC0、C1の虫歯が見つかった場合、削る必要はありません。歯科医または歯科衛生士によるブラッシング指導を受け、口腔内の清潔度を保ちます。唾液によってCO、C1は、治ることが分かっています。歯垢除去をすると治療が効果的です。プラークコントロールで早く完治されることが可能です。

治療は保険が適用されます。

C2の虫歯

象牙質まで進行してしまった虫歯です。C2に進むと、熱いものや冷たい食べ物や飲み物を口に入れると歯にしみるという痛みが出ます。

治療方法

虫歯になった部分が小さい時は削って、白い詰め物(コンポジットレジン)をして治療終了です。範囲が大きい場合は麻酔をかけて虫歯になった部分をドリルで削り、歯の型を取る場合があります。型を取った後に金色の詰め物(インレー)を作り、削った歯に装着します。

保険適用に使える歯科材料と自費になる材料の二種類があります。銀色の詰め物やコンポジットレジンは保険で入られます。セラミックは自費になります。詳しいことはお尋ねください。

C3の虫歯

虫歯を放置して、歯髄まで進行してしまった状態です。睡眠が障害されるぐらいのズキズキとした強烈な痛み「歯髄痛」の症状が現れてしまっています。

治療方法

抜歯か、根管治療になります。歯髄と歯質が虫歯にやられていなければ、差し歯にすることも可能です。虫歯がかなり進行してしまって、抜歯をせざえる得ない場合、抜歯後インプラント、ブリッジ、入れ歯のいずれかを入れることになります。

保険適用は銀色の被せ物(クラウン)などです。自費診療のものは、セラミックやインプラントです。自費治療の値段は様々なのでお尋ね下さい。

C4の虫歯

歯根だけが残存している状態で、歯の冠の部分はすでに虫歯で破壊され、まったく残っていません。自覚症状は、痛みを通り越して、鏡で見てみるともう歯が無い状態です。

治療方法

治療方法は、歯根を抜くしかありません。C3の虫歯の治療と同じく根管治療をしなければなりません。差し歯は残存歯の状態によります。抜歯しか方法が無かった場合はインプラントやブリッジ、入れ歯のいずれかを入れることになります。

保険適用か自費に分かれます。保険適用は、クラウン、入れ歯、ブリッジなどです。自費はインプラント、セラミック冠です。自然の歯に近いのはセラミックですが、自費になります。セラミックおご希望の方は費用はお尋ねください。

アクセス・診療時間

ごこう東口クリニック

〒270-2251 千葉県松戸市金ケ作408-380

診療時間

【休診日】金曜・日曜・祝日

page top