予防歯科

現在の日本では50代後半の2人に1人が部分入れ歯を、75歳以上ではおよそ60%の人が総入れ歯を使用しています。

これは、日本では残念ながら、いまだに歯医者の事を「虫歯になってから利用するもの」と捉えてしまう概念が根強く残っている為です。


海外では「虫歯になってから歯医者に行く対処療法としての歯科治療」はすでに時代遅れとなっており、「虫歯にならない為に平静から歯医者に通って虫歯を予防する予防歯科」の概念が一般的となっています。
その証拠に北欧の国では80歳以上の高齢者の人でも入れ歯を使わずに食べ物をきちんと噛む事が出来ているケースが多く、歯に対する意識が高い人が多い事が実証されています。

「虫歯になってから」ではなく
「虫歯にならない為に歯医者を利用する」

今でも根強く残っている「歯医者は虫歯になってから行くもの」という考え方は、歯の残存数の多さに大きく関わってきます。
つまり、「歯医者に虫歯になってから行く」という考えの人は年を取ってから歯が失われて入れ歯を入れる確率が高いのに対して、「虫歯になる前に予防の為に歯医者を利用する」人の方が明らかに歯が健康で残っている確率が高いのです。

ある研究結果では、「虫歯になってから歯医者に通う人」と「虫歯になる前に予防をする為に歯医者に通っていた人」では80歳になった時に残っている歯の数が実に「虫歯になる前に歯医者に通っている人の方が虫歯になってから歯医者に通う人よりも9本以上の健康な歯が残されていた」という報告がなされています。
この、「虫歯になる前に予防の為に歯医者に通う」という考え方は「予防歯科」と呼ばれ、現在では世界基準の概念として世界中の先進国の歯医者に浸透しています。

歯は「メンテナンス」がとても大切

高齢者の60%の人が総入れ歯を使用している日本では、予防歯科の考え方である「虫歯にならない為に予防歯科に通う」という考え方を持っている人は日本人の人口の中でもたった「2%」しかいない事が明らかになっています。

対して、欧米ではおよそ「80%以上」の人が「虫歯にならない為に予防歯科に通っておく事が大切」という認識を持っており、この事実が日本と欧米の先進国で高齢となった時に歯が残っている確率の差につながっているのです。

歯は日ごろから虫歯を予防してメンテナンスに努める、という「歯のメンテナンスを重視する」考え方が大切です

患者さんそれぞれに適した予防歯科をご提案

歯医者で受ける事が出来る予防歯科には以下の物があります。


ブラッシングのアドバイス

きちんと正しい方法でブラッシング出来ているかどうかを歯科医師や歯科衛生士が確認し、患者さん一人ひとりに適切なブラッシングの仕方のアドバイスを行います。

歯周病の検査

歯茎を調べて歯周病や歯肉炎にかかっているかどうかをチェックします。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTCでは超音波器具や専用のチップ、クリーニングツールを使用して訓練された歯科衛生士が歯の表面や歯周ポケット内部など、歯全体の細部に至るまで丁寧な汚れの除去作業を行い、細菌の膜であるバイオフィルムやプラーク(歯垢)、歯石を取り除いてゆきます。

フッ素コーティング

虫歯予防に効果のあるフッ素を歯の表面に塗布する事で、虫歯菌が出す酸によって溶けてしまった歯のエナメル質の再石灰化を促します。

フッ素はエナメル質の結晶構造を変化させて酸に溶けにくい強い歯を作る特性も持っている他、虫歯菌の活動を抑える効果もあり、ワインやチョコレート、紅茶やコーヒーなどで歯に色がついてしまうステイン汚れをつきにくくする効果もあります。

フッ素についてはご家庭で出来るホームケアの一環として、フッ化物を溶かした液体でお口の中をゆすぐケアも一般的な虫歯予防のケア方法として知られています。

上記の「歯医者で受ける事が出来るプロケア」で虫歯になる確率を下げる事が出来るほか、口臭予防や歯周病予防にも予防歯科は高い効果を発揮します。

アクセス・診療時間

ごこう東口クリニック

〒270-2251 千葉県松戸市金ケ作408-380

診療時間

【休診日】金曜・日曜・祝日

page top